スマートウォッチ

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」の紹介【nano SIM対応】

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」レビュー【nano SIM対応】
Kospetから新しくスマートウォッチが発売されることがわかりましたのでご紹介します。

以前に実機レビューした「Kospet Prime」のスペックを落として価格も下げたバージョンになります。

「Kospet Prime」については下の記事で詳しく紹介しています↓

簡単に変更点を説明すると、以下のとおり。

メモリ:3GB→1GB
ストレージ:32GB→16GB
価格:4000円くらい安くなっています。

スマートウォッチ Kospet Prime SE スペック

OS Android 7.1.1
画面サイズ 400 * 400pixels
端末サイズ
重量 86g
CPU MTK6739 1.25GHZ
RAM 1GB
ストレージ 16GB
カメラ Front: 2.0MP side: 8.0MP (5MP software update)
対応バンド Network type: GSM + WCDMA + FDD-LTE + TD-LTE
Frequency: 2G GSM: 850/900/1800/1900
3G WCDMA: 850/1900/2100
TD-SCDMA: B34 + B39
4G LTE-FDD: B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B20
LTE-TDD: B38 / B39 / B40 / B41
Bluetooth あり
その他 機能等 顔認証ロックあり

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」の特徴

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」レビュー【nano SIM対応】
スマートウオッチ「Kospet Prime SE」の特徴を紹介していきます。

画面の解像度

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」レビュー【nano SIM対応】
画面の解像度は「400 × 400pixels」で前作と一緒です。
まぁ冒頭にも書きましたが、メモリとストレージ以外は全部一緒なんですけどw

顔認証でロック解除

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」レビュー【nano SIM対応】
顔認証でロックを解除することが可能です。
前作はなかなか精度がよかったので、「Kospet Prime SE」も一緒だと思うので精度には問題なさそうです。

心拍計

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」レビュー【nano SIM対応】
スマートウオッチお馴染みの機能、心拍計ももちろん搭載しています。

前面にカメラ

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」レビュー【nano SIM対応】
前面にカメラがついているので、自撮りをすることができます。
自分はためしていませんが、テレビ電話の時に顔を表示させならがしゃべることもできるのかも??

サイドにもカメラ

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」レビュー【nano SIM対応】
そこまで綺麗な写真や動画はとれませんが、スマートウオッチの横にカメラがついています。
写真や動画の撮影もすることができます。

いろいろなスポーツに対応

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」レビュー【nano SIM対応】
活動計としても優秀です。いろいろなスポーツに対応していて、カロリー計算などをしてくれます。

天気の表示

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」レビュー【nano SIM対応】
トップ画面に天気の表示が可能な文字盤もあり、知りたい時にすぐに情報をしることができます。

androidアプリを使用できます

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」レビュー【nano SIM対応】
Androidのアプリをインストールして、スマートウオッチでゲームやアプリを使用することができます。

文字盤いろいろ選べます

スマートウオッチ「Kospet Prime SE」レビュー【nano SIM対応】
いろいろな種類の文字盤を選ぶことができます。
また、かんたんにネットからダウンロードして新しく文字盤を追加することも可能です。

時計のサイズ


時計のサイズはこんな感じです。
わりと文字盤は大きめですので、個人的には男性向けのスマートウオッチだと思いました。

まとめ

「Kospet Prime」を持っている人は購入する必要はありませんが、nano SIM対応のスマートウォッチを使ったことがなく、どんなものか試してみたい人におすすめです。

[sc name="sim-2"]

-スマートウォッチ